ショートカットキーとアイコンでの動作の違い(Behavioral differences in keyboard shortcuts and icons) Rated 4 out of 5 stars

TB 3.0.4にて。

私は受信メールが「暗号化」や「署名」されている場合、Add-onsの「Enigmail」を利用して復号化して表示しています。このメールに対してショートカットキー(default: Ctrl+Shift+U)を使って開くと、本当のソースが表示されません。この場合の表示は、復号化された内容が利用されている感じに見えます。
しかし、「ViewSourceWithのアイコン」を使って開かれた場合には、ソースが正しく表示されます。
何故動作が違うのか理解できません。


In TB 3.0.4.

I received an email "encrypted" or "signature" If it is, Add-ons of "Enigmail" has been decoded and displayed using. Shortcut key for this message (default: Ctrl + Shift + U) using the open, does not show the real source. View this case, it looks like that is decrypted using the content.
However, "ViewSourceWith icon" when opened using the source will be displayed correctly.
I can not understand why the behavior is different.

This review is for a previous version of the add-on (0.7).